住宅とエレベーター

住宅にあるエレベーターの事

集合住宅のエレベーター

集合住宅に住む場合に必ずチェックしておきたい部分と言えば、エレベーターです。例えば、3階建てぐらいの規模の場合には、設置されていないことがありますから、引っ越し作業が大変になるのはもちろんのこと、普段の生活の際にも結構苦労するものです。また、もし設置されていたとしても、どの位置に設置されていて、玄関部分との位置関係、自分の部屋との位置関係によっては、移動が楽になるなど、住みやすさというのが変わってくるものです。普通のお出かけの他、ゴミ出しや旅行など、色々な形での外出がありますから、位置関係を考えながら選ぶと集合住宅で生活していきやすくなるでしょう。

ホームエレベーターのある家

個人住宅向けのホームエレベーターを検討されている人もいるでしょう。高齢者のいる家庭、3階建て、などの場合に検討される方が多いですし、新築時だけではなくリフォーム時に検討される場合もあります。検討にあたっては、まず住宅内のスペースを考えておく必要があります。少なくとも1畳程度は必要ですし、たとえ今は不要でも将来的には車椅子を考えるのであれば、介助者も入れるとその倍、2畳程度はエレベーターのために必要になります。次に費用です。300万前後と、決して安くない費用がかかりますから、必要性はしっかり考えたほうがよいでしょう。なお、安全性や維持費の面では、最近ではとくに気にならない程度のものも出てきています。

↑PAGE TOP